バージンココナッツオイルの人気の理由

バージンココナッツオイルの人気の理由

『ココナッツオイル』と『バージンココナッツオイル』の違いをご存知ですか?
文献によりますと
『ココナッツオイル』は、高温で精製し、漂白や脱臭工程も加えているため、せっかくの良い成分が破壊されています。そのため、不飽和脂肪酸が高くなっていて、体に良いものとは言えません。
『バージンココナッツオイル』は、無精製、無添加、非加熱抽出をした生搾りです。
ビタミンEが豊富で約70%が中鎖脂肪酸です。ビタミンEは、アンチエージングに良いと言われています。中鎖脂肪酸は体内に蓄積された脂肪を分解してくれることでも知られています。
また、約90%が飽和脂肪酸であるので、腐りにくく、防腐剤不要。
『ココナッツオイル』と『バージンココナッツオイル』では、その内容は全く違うのですね。
『バージンココナッツオイル』をどのようにとればいいのでしょうか?
・毎日の朝食のトーストに塗って食べる
・ココナッツオイル焼きリンゴにする
・酢や塩胡椒と混ぜてドレッシングとして使う
・ボディーケアに使う
・コーヒーやみそ汁に入れて飲む
・ココナッツオイルを混ぜてクッキーを焼く
など、たくさんの使い道が。
目安の一日の摂取量は、大さじ2杯程度と言われています。
マレーシアのバージンココナッツオイルは、一滴一滴を搾り取るため、とても時間がかかります。大量生産できないため、入荷数量に限りがあり、入荷しては売切れ、入荷しては売切れ状態に。2ヶ月以上もお待ち頂くことも。
20140310_106fbet22f0490
t22f0490-600b
マレーシア ワイズ 食用 バージンココナッツオイル260g
アマゾン店 ⇒ http://amzn.to/1Iag2io
 
健康で生き生き生活を!

コメントを残す