ドラッカー 365の金言 1月4日 組織の惰性

ドラッカー 365の金言
1月4日
組織の惰性
あらゆる組織が活動の評価尺度を必要とする。
再設計や修正なしに、長期にわたって成果をあげる活動はありえない。あらゆる活動が陳腐化する。
企業にとっては、市場という冷徹な規律のもとにある。客観的な尺度としての収益性がある。意に染まなくとも、成功しえないもの、非生産的なものは捨てざるをえない。
【感想】
客観的評価尺度とは、自らの外にある。組織は手段であり、組織の目的は、人と社会に対する貢献。つまり、人と社会にどのように貢献できたか、その結果を評価する基準を持つことが大事。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください