小説でわかる名著『経営者の条件』 人生を変えるドラッカー―――自分をマネジメントする究極の方法 吉田 麻子 (著)

小説でわかる名著『経営者の条件』 人生を変えるドラッカー―――自分をマネジメントする究極の方法 吉田 麻子 (著)

ピックアップしたところ

・知的労働者(ナレッジ・ワーカー)・・・自ら、考え、行動し、成果に貢献する
・肉体労働者(マニュアル・ワーカー)・・・指示、命令に沿ってマニュアル通り働く

知識労働者は、自らをマネジメントしなければならない。自らの仕事を業績や貢献に結びつけるべく、すなわち成果をあげるべく自らをマネジメントしなければならない。

時間  ・記録 ・整理 ・まとめる
時間を無駄に使わせる圧力は常に働いている。何の成果ももたらさない仕事が時間の大半を奪っていく。ほとんどは、無駄である。
・捨てる仕事
・出来る工夫

成果を生む
・成果=組織の成果 ⇒ 組織の外にある
・貢献=組織に属する個々の人が行う、組織の成果への貢献
組織の中に成果は存在しない。すべての成果は外にある
人の強みを生かす。強みを生かすとは、行動であるだけでなく姿勢である。しかしその姿勢は行動によって変えることができる。同僚、部下、上司について、「できないことは何か」ではなく、「できることは何か」を考えるようにするならば、強みを探し、それを使うという姿勢を身につけることができる。やがて自らについても同じ姿勢を身につけることができる。

成果をあげるための秘訣を1つだけあげるならば、それは集中である。 成果を挙げる人は最も重要なことから始め、 しかも一度に一つの事しかしない。
・ どこに(集中)
・ どれだけ( 時間・人などの資源)
集中のための第一の原則は生産的でなくなった過去のものを捨てることである

貢献に焦点を合わせることは人材を育成するということである。
「仕事は、プライベートの反対語じゃない。自分を成長させる、最高に楽しい機会だよな。仕事で自分が成長できたら、人生全般に影響する。プライベートは仕事から逃げこむ場所じゃない。仕事で成長できるからこそ、プライベートも輝く。仕事でこそ、自分が生きていることが世の中に生かされる。俺はそう思っている。」

成果を上げる意思決定の5つのステップ
1)問題の種類を知る
2)必要条件を明確にする
3)何が正しいかを知る
4)行動に変える
5)フィードバックを行う
成果は外にある

 
意思決定には、意見の不一致を必要とする。
「スローンは GMの最高レベルの会議では、『それではこの決定に関しては、意見が完全に一致していると了解して宜しいか』と聞き、出席者全員が頷く時には、『それでは、この問題について異なる見解を引き出し、この決定がいかなる意味を持つかについてもっと理解するための時間が必要と思われるので、さらに検討することを提案したい』と言ったそうである。」

1)エグゼクティブの仕事は成果を上げることである
2)成果を上げる能力は習得できる
だが、成果を挙げるエグゼクティブになること自体は特別に賞賛されるべきことではない。
確かに人生には、成果を挙げるエグゼクティブになるよりも高い目標がある。

【読書】「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」森岡 毅 (著)

気になった箇所をピックアップしました!

USJをV字回復させたのは、「消費者視点」という価値観に変えたから。
USJが消費者視点の会社に変わったということが、V字回復の最大の原動力。

・期待を上回るサービスは、やはり印象に残るもので、リピートし続ける理由になる。
・「商品を売る」のは営業の仕事、「商品を売れるようにする」のが、マーケティングの仕事

・マーケティングの本質とは、「売れる仕組みを作ること」
1)消費者の頭の中を制する・・・選ばれる必然性を作る
2)店頭(買う場所)を制する・・・実店舗の棚占有率 ⇒ 検索1ページ目占有率
3)商品の使用体験を制する・・・消費者が喜ぶ商品・サービス

・マーケティング・フレームワーク
目的・・・達成すべき目的は何か?(objective)
目標・・・誰に売るのか?(who)
戦略・・・何を売るのか?(what)
戦術・・・どうやってうるのか?(how)

5C分析
Company(自社の理解)、Consumer(消費者の理解)、Customer(流通など中間顧客の理解)、
Competitor(競合する他社の理解)、Community(ビジネスを取り巻く社会への理解)

・「消費者インサイト」とは、消費者の深層心理に隠された真実のこと。それを指摘することで消費者の認識や感情を大きく動かし、購買意欲を掻き立てることができる。

・マーケッターに向いている4つの適性
1)リーダーシップの強い人
2)考える力(戦略的思考の素養)が強い人
3)EQ(心の知能指数)の高い人
4)精神的にタフな人

ドラッカー 365の金言 1月6日 廃棄が正しい選択

ドラッカー 365の金言
1月6日
廃棄が正しい選択
まだ行なっていなかったとして`、今これを始めるかを問わなければならない。
——————————-
まだ行なっていなかったとして、かつ今知っていることをすべて知っていたとして、今これを始めるかを問わなければならない。答えがノーであるならば、次の反応は、それでは何を行なうかでなければならない。
——————————-
ACTION  POINT
実際にこの質問を行ない、答えがノーであったならば、いかに愛着があろうとも廃棄の決断をしてください。
——————————-
【私見】
 進歩すること、成長することは、すなわち変化することではないか。変化することとは、今までやっていない新たしい事をやること。何か新しいことを成し遂げるためには、当然、何かを犠牲にしなくてはならない。犠牲なしには、新しいことに真剣に挑戦することさえ、出来ない。やることとやらないこと、集中することと止めること、しっかり自分の中で確立しないと、貴重な時間だけが浪費されると思う。自戒の念を込めて!

ドラッカー 365の金言 1月5日 体系的な廃棄

ドラッカー 365の金言
1月5日
体系的な廃棄
死臭を防ぐことほど手間のかかる無意味なことはない。
────────────────────────────────────────────────
 仕事ができる者は、多くのことで成果をあげなければならないことを知っている。だからこそ集中する。集中するための原則は、生産的でなくなった過去のものを捨てることである。
 意識して体系的に廃棄をしないかぎり、組織は次から次へと仕事に追われる。
 行なっていてはならないこと、もはや行なうべきではないことに資源を浪費する。
 そのため、せっかくの機会を利用するうえで必要な資源、とくに有能な人材が不足する。
───────────────────────────────────────────────
ACTION  POINT
 陳腐化した事業に投資して資源を浪費することを止めてください。機会を利用するために有能な人材の手を空けてください。
───────────────────────────────────────────────
【私見】
 最近、時間を意識すること、集中することがまだ私には不足していると痛感する。一週間は168時間で誰でも同じです。その168時間にどれだけ集中して、物事に取り組んだかにより(原因)、その成果が異なってくる。
 限りある時間を精一杯、有効に使っていきたいものです。

運の良い人、ツイているひとになるには

日本一の金持ち 斉藤一人さんは、天国言葉1日100回以上言っています。

「ついてる」「嬉しい」「楽しい」「感謝してます」「幸せ」「ありがとう」「許します」

京セラ KDDIの創業者 稲盛和夫氏は、30歳位の時にアメリカで商談する時、商談が煮詰まった時に 「I’m a lucky boy.」と何度も何度も発言して、商談を次々とまとめていった。

常に「自分はツイている」と思うこと。そうです。ツキを呼ぶ大原則は「自分はツイている」と脳を錯覚させて「快」状態に保つこと。そして「できる」と思うことが、困難を克服する第一歩。

最強思考型(最も運の良い5%の人)になるには

毎日、毎朝5分拝み感謝すること(六方思考)

月曜日「東」に向かって、「両親・ご先祖」感謝

火曜日「西」に向かって、「家族・子供・兄弟・親族」感謝

水曜日「南」に向かって、「恩師・上司」感謝

木曜日「北」に向かって、「顧客・同僚・友人」感謝

金曜日「天」に向かって、「太陽・大空・大気」感謝

土曜日「地」に向かって、「大地・海」感謝

日曜日「全方位」を意識して、「仕事・お金・愛・すべて」感謝

ツキや運を強固な味方につけたいなら、紙に書き出すこと。

理想の自分を言葉に置き換えて明確化すること

感謝の中身を毎日書くこと

たったこれをやるだけで、あなたはツイている人になれます。

MX-2310F_20160127_034924-1.jpg

情熱が時代を開く

20150318-3

昨日、稲盛和夫著 『成功への情熱』PHP研究所 を、バラバラと読み返していたら、ある文章が強烈に私の心に突き刺さってきました。

『情熱が時代を開く』

 『たくさんの理由を挙げて、「だからできない」と言う人がいます。これがない、あれもない、という具合に必ず理由を見つけてくるのです。
 もし、皆がこんな調子だったら、新しい事業を達成することなど決してできないでしょう。
まず、何もないという前提のもとに、新しいプロジェクトに着手すべきです。どんなことがあろうとも、このプロジェクトをやり遂げるという強い願望を持つことです。そして目標を達成するためには、必要な人材や資金、設備や技術をどのように調達するか、よいった事柄まで明示した計画を作らなければなりません。
 新しいビジネス・プロジェクトに乗り出して行く時に、予期しなかった多くの難問、難題が出てくることでしょう。それを成功させるためには、自分自身を信じ、強烈な願望を抱いて目標を追い続けなければならないのです。
 そうすれば、夢を実現させることができると、私は信じています。
 勝算を問われた時、答えに窮するかもしれませんが、それはどうでも良いことです。創造の世界を司るのは、統計数字ではなく、それを創りだす人間の情熱と熱意なのです。
 日本の明治維新でも、またどんな革命でもそうですが、情熱だけが新しい時代を開くことができるのです。』
『成功への情熱』PHP研究所より

何か新しいことをやるときは、ゼロベース(何もないことが前提)で計画を立てる必要があると学びました。