抹茶は、米国ではスーパーフード

Matcha: Vitalizing Morning Pick-Me-Up

Matcha green tea is a special form of green tea with a history steeped (pun intended) in both ritual and tradition.

It is an interesting specialty tea standing at the highest rank of all super foods.

It all begins with how the matcha is harvested.

In the weeks prior to harvesting, it is kept shaded.

It is then dried and stone ground.

The traditional preparation is very specific, but generally the bright green matcha powder is whisked with hot water to produce a frothy, creamy beverage with an umami flavor.

The full process and preparation allows for the entirety of the plant to be consumed, offering much higher amounts of the beneficial components of green tea.

 

日本茶の中でも特に抹茶が注目されるのは、茶葉の栄養をまるごと全部取り入れることができるから。

葉100gあたり、煎茶が12~14gに対して抹茶は6gですが、茶葉を捨ててしまう緑茶では、水に溶けやすい成分しか摂取することができず、体によい成分の6~7割は捨ててしまうことになります。

その点、抹茶は茶葉をすりつぶしてすべて摂取することができるので、水に溶けにくい成分もまるごと全部吸収することができます。

 

抹茶には肥満予防に効果がある成分がいくつか含まれています。

●脂肪を効率よく燃焼させる効果、糖の吸収を抑える効果のあるカテキン

●脂肪の吸収を抑制・分解する働きがあるタンニン

●脂肪の燃焼(特に内臓脂肪)を促すカフェイン

●不要なコレステロールを排出されやすくする葉緑素

 

だから、米国では、スーパーフードとして、抹茶を飲んでいるのですね。

ダイエット効果を得るには、1日3杯(約6g)の抹茶を飲むとよいそう。脂肪を燃焼しやすくする効果があるため、トレーニング前、1日の活動前に飲むなどすると更なるダイエット効果が期待できるそうです。

米国のラーメン、美味しそうだ!

米国、カルフォルニア オレンジ郡の有名ラーメン店トップ10

These are the top 10 ramen noodle places in Orange County

japanese ramen

Yoshiharu Ramen 熊本ラーメンをイメージした焦がしニンニクの豚骨ラーメンのようです。

Kopan Ramen 16時間煮込んだ豚骨ラーメン

Ramen Yamadaya 20時間以上煮込んだ豚骨醤油ラーメン チャーシューより角煮が美味しとのこと

Hokkaido Ramen Santouka 旭川の山頭火のチェーン店。チャーシューは最高だとのこと。食べる時にスープが飛び散るので、白い服は着ないでね(笑

Kitakata Ramen Ban Nai 喜多方ラーメン坂内は、オレンジ郡2箇所を含み60店舗に。ここでの一番の老舗だとのこと。

Butaton シンプルな豚骨ラーメンだが、分厚いシャーチューが最高だとのこと。

Aoki No Chukka 豚骨と鶏ガラベースの塩ラーメン。それに柚子胡椒をいれるとのこと。一度食べてみたい気がしますね。

Shin Sen Gumi Hakata Ramen 博多ラーメン新撰組 15時間以上煮込んだ豚骨スープ。麺の硬さやスープの濃さも選べるそうです。

Kairakutei 家庭料理的な担々麺

Ramen Zetton スパイシーな味噌坦々麺

この記事を見る限り、かなりのラーメン店がオレンジ郡にあるようです。味も豚骨が主流で、味噌、塩、担々麺などですが、恐らく、濃厚な味が好まれているのではないかと思います。

麺は、なぜか、細麺が多い気がします。米国人のランチは日本人よりも長時間掛けて食べるイメージがあるので、細麺だと伸びるのではないかと心配になる。何か工夫をされているのか?それともラーメンのランチは、日本人同様に、短時間で食べてしまうのか?

私的には、「Yoshiharu Ramen」を一度食べてみたい気がしております。

運の良い人、ツイているひとになるには

日本一の金持ち 斉藤一人さんは、天国言葉1日100回以上言っています。

「ついてる」「嬉しい」「楽しい」「感謝してます」「幸せ」「ありがとう」「許します」

京セラ KDDIの創業者 稲盛和夫氏は、30歳位の時にアメリカで商談する時、商談が煮詰まった時に 「I’m a lucky boy.」と何度も何度も発言して、商談を次々とまとめていった。

常に「自分はツイている」と思うこと。そうです。ツキを呼ぶ大原則は「自分はツイている」と脳を錯覚させて「快」状態に保つこと。そして「できる」と思うことが、困難を克服する第一歩。

最強思考型(最も運の良い5%の人)になるには

毎日、毎朝5分拝み感謝すること(六方思考)

月曜日「東」に向かって、「両親・ご先祖」感謝

火曜日「西」に向かって、「家族・子供・兄弟・親族」感謝

水曜日「南」に向かって、「恩師・上司」感謝

木曜日「北」に向かって、「顧客・同僚・友人」感謝

金曜日「天」に向かって、「太陽・大空・大気」感謝

土曜日「地」に向かって、「大地・海」感謝

日曜日「全方位」を意識して、「仕事・お金・愛・すべて」感謝

ツキや運を強固な味方につけたいなら、紙に書き出すこと。

理想の自分を言葉に置き換えて明確化すること

感謝の中身を毎日書くこと

たったこれをやるだけで、あなたはツイている人になれます。

MX-2310F_20160127_034924-1.jpg

中国の市場の変化がすごいですね

ネット通販、中国で急成長…百貨店の閉店相次ぐ

「独身の日」11月11日、このひ1日のアリババ・グループの売上が1207億元(1兆8900億円)で、昨年対比32%増とのこと。

越境ECでは、日本が1位、米国2位、韓国3位。

その影響なのか、中国の百貨店の売上が伸びず、閉店が相次いでいるとのこと。

日本も同じですが、常に企業は身軽にしておき、流通の変化に対応できるようにしなくてはいけないと改めて再認識しました。

 

中国ネット商戦1・9兆円 越境通販は日本がトップ、人気商品に花王「メリーズ」

ネット経由で海外から商品を購入する越境通販部門で日本が首位と昨年の2位から浮上し、昨年首位だった米国は2位に転落。商品別でみると、紙おむつの販売が好調で、花王の「メリーズ」の人気が高かったほか、粉ミルクや化粧品などの売れ行きも良かった。

日本を訪れる中国人旅行者が高額品などを「爆買い」する勢いが鈍化している一方で、日本製品への需要が依然として高いことが改めて示された格好だ。越境通販に参入する日本企業がさらに広がりそうだ。

アリババによると、1万を超える海外企業とブランドが参加した。カジュアル衣料品の「ユニクロ」が、通販サイトに正規店を出店した企業の売上額で6位となった。(共同)

 

アリババ、「独身の日」の売上高が過去最高を記録–前年比32%増の177億9000万ドル

「天猫国際(Tmall Global)」や「淘宝網(タオバオ)」を中心とするアリババのEコマースプラットフォーム全体の決済処理件数は、約10億4000万件に達した。これに対し、2015年の処理件数は7億1000万件だった。

アリババによると、235カ国から国境を超えた取り引きがあったという。中国消費者への販売の多かった国の上位は日本、米国、韓国だった。今回のセールに参加したグローバルブランドには、Nike、Phillips、ユニクロ、adidasなどがある。

アリババの最高経営責任者(CEO)を務めるDaniel Zhang氏は、GMVの増加率が低下したことについて、同社は「単なる指標」だけでなく、中国では依然としてほぼ未開拓状態のEコマース市場が有する将来の機会を重視していると述べた。

Zhang氏は次のように指摘している。「これをオンラインの面だけから見れば、いずれマージンは減少するだろう。しかし、全体像に目を向けると、中国の小売でオンライン化されているのは全体のわずか10%だ。中国ではあらゆる形態の小売がデジタル変革を起こそうとしている。(中略)最終的に、オンラインとオフラインは完全に統合されるべきだ」

アリババは今回、オンラインとオフラインの橋渡し役となることを目指し、「独身の日」を迎える過程で8万軒の実店舗と協力した。また、小売業者が会員プログラムを通じてデジタル接続を確立するとともに、在庫管理を改善できるよう支援したという。

 

5年間で、ECの環境はどうか変わるのか?

http://english.cctv.com/2016/11/11/VIDEYQsKUlg7UTK1khIGeuxj161111.shtml

『大きな変化のときこそ、チャンスあり』

中小零細企業にとって、時代の変化が大きい時こそ、チャンスがあります。

EC(電子商取引)を取り巻く環境が、この3~5年で大きく変わりそうです。

是非、時代の変化の半歩先をしっかり見つめて、対応していきたいと思います。

 

China’s E-commerce environment is going to change. That’s according to Alibaba Chairman Jack Ma.

Ma says said the plain electronic commerce platforms will meet huge challenges in less than five years.

That’s because the selling mode will be different. Ma says the new trend will be a combination of online, offline, logistics, and data. Ma also says the new mode will bring a sea change to business and commerce.